自動車による環境問題

自動車による環境問題で最も有名で問題とされているのが燃料として使っているガソリンや
軽油を燃焼した際に自動車から大量に排出される排気ガスから起こる大気汚染です。
元々この排気ガスには人体に有害な物質が大量に含まれており、
特に窒素酸化物粒子状物質によって起こる物が問題とされています。
ryushi

まず窒素酸化物による問題は一酸化窒素二酸化窒素が主な原因となる物質であり、
これ等の悪影響を及ぼす窒素は纏めてNoxと呼ばれています。
この内一酸化窒素は自動車の他に工場や家庭等様々な場所から発生する排気ガスに多く含まれており、
これが自動車から排出された後、空気中の酸素と結合する事で二酸化窒素になります。
この二酸化窒素は雨に含まれる事で酸性雨の原因となる他に濃度が高くなると
呼吸器に悪影響を及ぼす原因になります。
また紫外線を受けると化学反応を起こし光化学オキシダントとなります。

これは光化学スモッグの原因となる物質で高濃度では粘膜や呼吸器に悪影響を及ぼす病気『光化学スモッグ障害』を引き起こすので大変危険です。次に粒子状物質ですが、
これは大気汚染の原因となる微粒子全般を指し、
自動車の排気ガス中の黒煙等がそれに当たります。
中でも自動車から排出される物は発がん性の疑惑がある他喘息の原因となる等人体に強い悪影響を及ぼす為に
対策が強く求められていて、
現在その対策の一環として自動車に排気ガスを浄化するフィルターを付ける運動が行われています。

自動車の安全技術の進歩

自動車の安全技術は常に進歩しています。
自動車はどれだけ注意をしていても事故が発生する可能性は十分にある為、
何時でも事故で起こる衝撃に備えて置く必要があります。
以前から事故を防ぐ為の設備は、シートベルトやエアバッグ等はありましたが、
ちゃんと作動しない事があったり、シートベルトを付けるのに手間がかかったり、
エアバッグが衝撃を和らげてくれても、
体に怪我を負ってしまったりと、解決するのが難しいような難点も沢山あります。
しかし、最近導入されている設備の中でも
特に便利で様々なシートベルトやエアバッグの問題点を解決出来る物があります。
事故が発生する前に自動的に危険を察知して、
自動的に車を止めるという設備です。
最近の自動車はこういった事が出来る設備を導入している物もあります。
事故は相手と自分の不注意で発生しますが、
そこに自動車の正確な判断が入る事で、確実に事故に備えて置く事が出来るようになります。
自動車が事故になる前に対応してくれるおかげで、
事故すら発生しないという大きなメリットがあります。
この設備が導入されている自動車は
ホームページサイト等でこの設備が導入されていて安全性が高いという事を、
選ぶメリットとして宣伝している所が多い為、
インターネット等で検索を擦ればすぐに見つける事が出来ます。
こういった最新の設備が導入されている安全性が高い自動車はどんどん増えているので、
安心して自動車の運転が出来るようになります。
ただ、交通事故は被害者になることもあります。突然、道路を歩いていたら、車にひかれることがあります。福岡県ないでしたら、幸い交通事故弁護士相談福岡.jpのような交通事故を得意とする弁護士がいますので、交通事故にあったら早めに相談しましょう。